東京で新築一戸建てを手に入れるなら、まず土地選びは重要な要素ですね。 東京都立川市、国分寺市、小平市、東大和市、武蔵村山市の位置する武蔵野台地は、比較的地盤の良いところです。関東大震災が起きた際も、立川近辺は地震による倒壊率(全壊)が0%だったという話があります。 立川市は新宿まで電車で最速30分程という立地でありながら、商業都市として発展している便利な街。市街地を少し抜ければ、昭和記念公園といった緑豊かな環境が広がる新築一戸建て向きの場所です。もちろん、国分寺市も中央特快停車駅を有し至極便利な住環境で、小平市や東大和市や武蔵村山市も西武新宿線利用で新宿まで30分程という好立地。東京都の中でも、立川市、国分寺市、小平市、東大和市、武蔵村山市は、東京・西部の空気の良さと、職場や学校への快適なアクセス、充実した商業施設の割に比較的安全な住環境は、新築一戸建てを考える上で、バランスの取れた、住環境と言えるのではないでしょうか? 「西東京で新築一戸建て・・・やはり駅近が便利なの?」 東京都心は電車移動で事足りるため駅近が有利だと言われますが、その反面、人通りが多く道路は混雑し、駐車スペースが少ないという現実があり、また土地は14坪〜18程度の狭小3階建住宅が多い割に経済的負担も大きい為、一長一短の事業が伺えます。 東京都立川市、国分寺市、小平市、東大和市、武蔵村山市は、整備された道路が多く、 運転が苦手な人でも安心の道幅があり、日々の買い物、子どもや高齢者の送迎等、気軽に車を使いやすい環境で、無料の駐車スペースを確保した商業施設が多いため、駅近の新築一戸建てでなくてもメリットはあります。また土地は25坪〜30坪超の2階建て住宅が多く、ゆったりとした居住空間が確保できるのもポイントです。 武蔵村山市には駅から離れた場所に大型ショッピングモールがあり、東村山市や小平市や東大和市や立川市からも近いため、毎日大勢の人で賑わっています。また、立川市や国分寺市近辺には、少し駅から離れた場所に国立病院や都立病院といった総合病院があり、車でのアクセスが便利になっています。西東京において、駐車スペースのある新築一戸建ては、日々の生活を豊かなものにするでしょう。